賃貸物件オーナー様へ

少子高齢化が加速するなか賃貸物件は年々増え続けており、所有する賃貸物件の
地域において入居者の獲得や空室対策は賃貸経営の成否を大きく左右する局面を迎えています。
また、建物オーナーの業務は想像以上に、「多岐に渡り、難しいもの」です。
建物オーナーは入居者対応、官公庁対応、日常管理、修繕計画など非常に多くの業務があり
その知識を持ち合わせてなければなりません。

当社は賃貸仲介成約数の実績と、地域密着の駆け付けサービスを最大限に活かし
『空室のご不安』煩わしい業務も一手に引き受けて
賃貸オーナー様のお手伝いをしております。
お困りの際は是非当社にお声がけください。

圧倒的な実績 管理物件入居率96.12% (全国平均81.3%)

管理会社を探す
ポイントって?

  • POINT
    01

    フットワークの軽さと
    迅速な対応
    地域密着の会社を選ぶ

  • POINT
    02

    強力な募集力に自信あり!
    仲介支店がある会社がベスト

  • POINT
    03

    ワンストップ運営の安心

当社が選ばれる理由

01

96.12%の入居率

面倒な入建居者物との管理トラブルを業解決務や建物の保守管理も当社が行います

02

豊富な媒体を活用した
集客力で
お客様と繋がる

地域密着方の当社だからできる効率的な集客活動を実現。
様々な媒体掲載やグループ力を活用した集客戦略でお客様と繋がれます。

03

面倒な入居者との
トラブルを当社が解決

オーナー様ご本人が管理をされている場合、日常的な対応に加えて、いつおこるかわからない緊急時の問題に全て対応することは難しいものです。当社なら設備不具合やクレームなど、お客様から緊急の要請がコールセンターに入り次第、スタッフが迅速に対応します。

04

賃貸経営に沿ったご提案

大切な資産を守るために、お客様の立場に立って悩みを共有し、新たな解決案をご提案します。
不動産の現況を調べ上げ、徹底した現場主義による具体的でリアルな解決策が、高い評価をいただいております。

  • 管理コストを
    最小限に抑えたい!

    出来る範囲のことはご自身で行って管理コストを抑えたい大家さん向けプランのご紹介

  • 管理業務は
    すべてお任せしたい!

    わずらわしい管理業務が一切ないようすべてお任したいという大家さんにおススメのプランをご紹介

毎月かかる管理コストを
出来るだけ抑えたい
大家さんに向けに
選べる2つのプラン

  • 低価格で1部屋ごとに『管理』を頼める

    セーフティプラン(滞納保証プラン)
    1部屋たったの2500円
    (よくある家賃の3~5%ではありません)

    家賃滞納保証が付き当社にて賃料の入金管理を行いますので、大家さんには毎月ご指定日に確実に入金されます。万が一の遅れがあっても当社にて立替えてお支払いします。 ”1棟丸ごとではなく” 1部屋ごとから管理を依頼することが可能です。
    1室から始められるのでオーナー自主管理の物件に最適です。

    こんな大家さんにおススメです

    • 新築する賃貸物件の管理コストを出来るだけ抑えたい
    • 現在、かかり過ぎの管理コストを抑えて収支バランスを改善させたい
    • これから空いた部屋から(入れ替え)少しずつ管理を任せていきたい
    • 入居者管理の窓口をお願いしたい分譲マンション(1戸)を貸し出している大家さん
    • 入居者管理の窓口をお願いしたい貸家(1棟)を貸し出している大家さん
    • いくつか家賃や更新料を滞納している入居者がいるため賃貸経営が安定しない
    • 長く住んでくれている現在の入居者はこれまで家賃滞納などの問題が何もないので1棟丸ごと管理を頼む必要はない

    1棟の管理のご依頼の際、現在の入居者の入れ替えまでは滞納保証には該当しません。

  • 空室の不安を解消したい

    カスタマープラン(専任窓口)
    無料
    (管理窓口としての取次)

    当社で建物全室の募集と管理の『窓口』として取次業務を行い、最適な対応を大家さんにご連絡いたします。その際にご依頼があれば当社にて迅速に対応します(都度、別途見積もり)家賃の入金管理はオーナー様で行い当社は督促業務をお手伝いいたします。空室期間を削減できるよう責任を持って出来る最大限の募集業務にあたります。

    こんな大家さんにおススメです

    • 家賃の管理などはご自身で行っており特に滞納やトラブルはない
    • 収益にかかわる空室の募集業務に責任を持ってくれる不動産会社やスタッフに任せたい
    • 空室対策についてのアドバイスや募集状況などを知りたい
    • 万が一の滞納やトラブルの際には力を貸して欲しい
    • 管理はご自身でされるオーナー自主管理で空室募集の問い合わせなど多数の不動産会社からの電話が煩わしい

面倒な賃貸管理業務は
すべてお願いして手間を
かけたくない

  • 面倒な手間を任せたい

    プロパティマネジメントプラン1棟丸ごとお預かり・合計賃料の5%

    面倒なお家賃の入金確認や万が一の滞納時は当社で立替えてお支払いし入居者へのとくそくもこちらですべて行います。
    その他、ごみ置場や駐輪場の利用マナー、入居者同士の音のトラブルなどもすべてこちらで解決いたしますので大家さんは全く手間がありません。
    月に一度こちらから、収支報告書をお届けしてマンションの運営実績報告を行います。

    こんな大家さんにおススメです

    • 新築する賃貸物件の煩わしい管理業務や家賃の入金確認をお願いしたい
    • 現在、かかり過ぎの管理コストを抑えて収支バランスを改善させたい
    • ローンの支払いもあるので毎月の賃料は決められた期日に確実に入金して欲しい
    • 入居者管理の窓口をお願いしたい分譲マンション(1戸)を貸し出している大家さん
    • 入居者管理の窓口をお願いしたい貸家(1棟)を貸し出している大家さん
    • いくつか家賃や更新料を滞納している入居者がいるため賃貸経営が安定しない
    • ゴミ置き場や駐輪場の利用マナーの悪い入居者が居て一向に改善されない
  • 安定的な賃貸経営がしたい

    サブリースプラン
    一括借り上げプラン

    建物1棟を丸ごと当社が借上げます(空室の有無にかかわらず当社が家賃をお支払いします)大家さんにとっては、毎月決められた日に安定収入が見込めます。
    入居者には当社が貸主となって管理業務全般を行いますので大家さんには一切ご面倒がありません月に一度こちらから、収支報告書をお届けしてマンションの運営実績報告を行います。

    こんな大家さんにおススメです

    • 新築する賃貸物件の空室が不安なので一括で借り上げて欲しい
    • 契約改定の時期(2年ごと)に毎回賃料が下落する為、収支が年々悪化している
    • ローンの支払いもあるので毎月の賃料は決められた期日に確実に入金して欲しい
    • 入居者管理の窓口をお願いしたい分譲マンション(1戸)を貸し出している大家さん
    • 入居者管理の窓口をお願いしたい貸家(1棟)を貸し出している大家さん
    • いくつか家賃や更新料を滞納している入居者がいるため賃貸経営が安定しない
    • ゴミ置き場や駐輪場の利用マナーの悪い入居者が居て一向に改善されない
    • 大家さんであることを回り近所に知られたくない
    • 現在のサブリース契約(ハウスメーカーなど)で賃料の見直しや契約打ち切りの話をされている

原状回復保証

セーフティプラン / プロパティマネジメントプラン / サブリースプランでは、入居者の故意・過失により室内に万が一の激しい修繕が発生した場合に、敷金精算でのトラブルが生じても当社にて立替払いを保証します。(上限賃料の2か月分まで)

  1. 01

    退去立ち合い

  2. 02

    敷金精算

    トラブル発生 行方不明、
    支払いなし

ハウスステーションが
管理棟数で地域No.1の理由

管理棟数だけじゃない
当社のNo.1実績

  • No.1 仲介成約数
  • No.1 仲介スタッフ数
  • No.1 仲介支店数
  • No.1 不動産サイト利用掲載数

募集業務に関する
”すべて”の部門において
地域ダントツNo.1です!

当社は国土交通省の認可を受けた
賃貸住宅管理の登録業者です

賃貸住宅管理業者の登録

これは、国土交通省が賃貸住宅管理業の登録制度を設け、登録事業者の業務についてルールを定める事により、管理業務の適切な運営を確保し、賃貸住宅管理業の健全な発達を図り、もって借主及び貸主の利益の保護を図る為に、策定されたものです。

免許証PDF

賃貸住宅管理業者登録制度について

賃貸住宅管理業者登録制度は、管理業者を登録制にしてルールを義務付けること、借主と貸主双方の利益保護を目的として2011年(平成23年)に制定された制度です。
「家賃・敷金の受領事務」「契約更新事務」「契約終了事務」のいずれかを行っている賃貸住宅管理業者の事業所が対象の制度です。

登録業者は消費者に公表されるので、消費者は管理業者の選択、物件選択の際の判断材料として活用することができます。また、賃貸住宅管理業者やオーナーにとっても、「ルールに則って業務を行っている」ことを入居者や顧客にアピールすることができます。
借主と貸主の双方にとって安心につながる制度となっています。